「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

富山県の御朱印まとめ

f:id:goshumemo:20170314182902j:plain

 

富山県の御朱印

高岡市の御朱印

気多神社

 

 

f:id:goshumemo:20170314183312j:plain

 

 

 

富山市の御朱印

富山縣護国神社

 

 

f:id:goshumemo:20170306121002j:plain

 

 

 

その他の御朱印まとめ

 

全国の御朱印まとめ

 

長野県北信の御朱印

長野県中信の御朱印

長野県東信の御朱印

長野県南信の御朱印

東京の御朱印

京都の御朱印

千葉の御朱印

鎌倉の御朱印

新潟の御朱印

愛知の御朱印

岐阜の御朱印

石川の御朱印

静岡の御朱印

 

静岡県の御朱印まとめ

f:id:goshumemo:20170314182116j:plain

静岡県の御朱印

 

三島市の御朱印

三島大社  
f:id:goshumemo:20170314182300j:plain    

 

その他の御朱印まとめ

長野県北信の御朱印

長野県中信の御朱印

長野県東信の御朱印

長野県南信の御朱印

東京の御朱印

千葉の御朱印

鎌倉の御朱印

新潟の御朱印

愛知の御朱印

岐阜の御朱印

石川の御朱印

 

福徳寺の御朱印/長野県長野市松代

f:id:goshumemo:20170309154958j:plain

火焔のない不動明王 福徳寺

史跡の残る町、松代にある福徳寺。松代にはたくさんの民話があり、いたる所に木製の札が掲げられています。ここ福徳寺にも「火焔のない不動明王」という名前の民話が紹介されていました。

 

  • 火焔のない不動明王 福徳寺
  • ごしゅメモ
    • ご縁起
    • マップ
  • 御朱印

 

f:id:goshumemo:20170309155147j:plain

この不動明王は、弘法大師がナタでおつくりになったと言われています。はじめは火焔を背負っていましたが、1559年にお寺が更級郡杵淵村から現在の松代に移された時、喜び勇んで火焔を空に打ち上げてしまったのだということです。人々はそれを火事と間違え、殿様の命令で火焔を取り去ってしまいました。

 これが全国でも珍しい火焔のない不動明王です。管理人は実物を拝見していませんが、背後に薬師如来像が奉られている点においても、他に類を見ない貴重な仏像だといえるでしょう。

 

続きを読む

【限定あり】京都の御朱印まとめ【アクセス・由緒など詳細ページへのリンク付】

f:id:goshumemo:20170313130414j:plain

京都府の御朱印

 

京都市北区の御朱印

鹿苑寺金閣寺
舎利殿 不動尊 あて紙
f:id:goshumemo:20170313114926j:plain f:id:goshumemo:20170222111703j:plain f:id:goshumemo:20170313115243j:plain

 

京都市東山区の御朱印

八坂神社
祇園社 青龍(限定御朱印) 悪王子社(摂社)
f:id:goshumemo:20170313133023j:plain f:id:goshumemo:20170313133039j:plain f:id:goshumemo:20170313133115j:plain
冠者殿社(摂社) 恵方(限定御朱印) 美脚前社(摂社)
f:id:goshumemo:20170313133325j:plain f:id:goshumemo:20170313133336j:plain f:id:goshumemo:20170313133345j:plain
又旅社 青龍袋 あて紙(ご由緒)
f:id:goshumemo:20170313133417j:plain f:id:goshumemo:20170313133432j:plain f:id:goshumemo:20170313133447j:plain

 

京都市伏見区の御朱印

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社 伏見稲荷大社 奥社  
f:id:goshumemo:20170313134257j:plain f:id:goshumemo:20170313134306j:plain  

 

京都市下京区の御朱印

市比賣神社  
f:id:goshumemo:20170314105637j:plain    

 

その他の御朱印まとめ

全国の御朱印まとめ

 

長野県北信の御朱印

長野県中信の御朱印

長野県東信の御朱印

長野県南信の御朱印

東京の御朱印

京都の御朱印

千葉の御朱印

鎌倉の御朱印

新潟の御朱印

愛知の御朱印

岐阜の御朱印

石川の御朱印

静岡の御朱印

富山の御朱印 

 

諏訪大社に行く人必見!岡本太郎も絶賛した不思議な石仏「万治の石仏」の話

f:id:goshumemo:20170309183453j:plain

よろずおさまる 万治の石仏

万治の石仏へは、細い川と豊かな森林を抜けて行きます。「諏訪大社へ行くならぜひここも見て欲しい」友人に連れられて諏訪大社下社春宮から少し歩くと、浅く透明な川と森に神聖な雰囲気の空間が見えてきます。細い橋を渡って少し丘を登ると、なんとも言えない不思議な顔と形をした石仏が顔を出しました。

 

  • よろずおさまる 万治の石仏
    • お参りの仕方も独特!
  • ごしゅメモ
  • アクセスなど
  • 周辺の御朱印巡り

 

f:id:goshumemo:20170309184602j:plain

画家の岡本太郎さんが絶賛し、作家の新田次郎さんが小説にもしたことで有名になった「万治の石仏」。1660年(万治3年)に建立された、と刻まれていることから「万治の石仏」と呼ばれています。

 

続きを読む

プライバシーポリシー