「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

長谷寺の御朱印/長野県上田市

f:id:goshumemo:20170216155255j:plain

 

真田家ゆかりの地 長谷寺 

f:id:goshumemo:20170128225232j:image

真田家ゆかりの地としても有名です。御朱印にもあるように、真田幸隆公とその夫人、また真田正幸公の御墓所でもあります。石門にも六連銭が描かれています。 

 

ごしゅメモ

長谷寺(ちょうこくじ)

ご本尊:釈迦牟尼仏坐像

山号:真田山

宗派:曹洞宗

 ご由緒:

往古より長谷寺の裏の山岩井堂山には白山信仰を集める修験道霊場があり、 その道筋の地には「種月庵」(創立年等詳細不詳)という無住の小寺がありました。 天文16年(1547)真田幸隆公が上州(群馬県安中市)の長源寺より、 伝為晃運和尚を招いて真田氏の菩提寺として「真田山種月院長谷寺」を建立しました。

二代目「角翁和尚」は群馬県渋川市に「龍伝寺」を建立。 三代目の「廣山和尚」は真田町本原に「廣山寺」を建立しております。 真田昌幸は父幸隆の菩提のために寺の増築改修を行い諸堂を完備しました。

しかしながら、慶長5年(1600)第二次上田合戦の際に退却する徳川勢に火を放たれ焼失。その後再建されますが、寛保2年(1742)の台風の際に土砂災害にあうと伝えられております。その後宝暦7年(1757)に火災により焼失。 14代雄峰和尚により再建されますが、明治23年1月10日の火災により全てを焼失しております。 現在の建物は昭和53年に再建されたものでございます。

真田山種月院長谷寺より引用)

 

御朱印

f:id:goshumemo:20170207210459j:plain

寺務所の住職さんか副住職さんに書いていただくことができます。

 

アクセスなど

長野県上田市真田町長4646番地

0268-72-2040

 

 

 

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー