「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

信濃国分寺の御朱印/長野県上田市

f:id:goshumemo:20170210092114j:plain

 

信濃国分寺

f:id:goshumemo:20170210092258j:plain

 

f:id:goshumemo:20170210092350j:plain

 

ごしゅメモ

八日堂 信濃国分寺(ようかどう しなのこくぶんじ)

ご本尊:薬師如来

宗派:天台宗

札所など:中部四十九薬師霊場めぐり

ご由緒:

 「国奉らかに人楽しみ、災を除き福至る」を祈念され た聖武天皇天平十三年(741)勅願により、国ごとに国分寺が建立されたが、信濃国分寺信濃の国の鎮国道場として、また庶民の心のよりとこ ろとして千二百余年の法灯を今日に伝えている。  現在の国分寺は、薬師如来行基作と伝えるが不明)・日光月光 両菩薩・十二神将を安置する県下でも善光寺に次ぐ規模の本堂薬師堂をはじめ、三重塔(国重文)・鐘楼・仁王門・宝蔵・大黒天堂・地蔵堂・観音堂等の堂塔伽藍がそろい、一月八日の縁日にちなんだ「八日堂のお薬師さん」の名で近在の信仰を集めている。安産・当病平癒・厄災除等の霊験があらたかであり、また縁日に授与される蘇民将来のお守りは、薬師如来と関係の深い蘇民信仰に基づいた護符で、家門の安泰と繁栄を願うものである。  近年、現在の境内の南方に発掘された創建当初の寺跡が国指定の史跡公園として整備され、当時の面影をしのぶことができる。

中部四十九薬師霊場より引用)

 

御朱印

通常御朱印

f:id:goshumemo:20170207205158j:plain

 

中部四十九薬師霊場めぐり御朱印

f:id:goshumemo:20170206181335j:plain

 

アクセスなど

長野県上田市国分1049

0268-24-1380

 

 

中部四十九薬師霊場めぐり

 

goshumemo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー