「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

四柱神社の御朱印/長野県松本市

f:id:goshumemo:20170208101418j:plain

 

 松本城下に鎮座する四柱神社

f:id:goshumemo:20170208101453j:plain

 四柱神社は、松本城下町として賑わう縄手(ナワテ)通りの真ん中に鎮座しています。春には桜、秋には紅葉が美しく見られ、地元民には「神道さん」として親しまれる親しみやすい神社。

 

f:id:goshumemo:20170208103451j:plain

四柱とは四人の神様を意味し、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高皇産霊神タカミムスビ)、神皇産霊神カミムスビ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を奉ることからその名が名付けられました。

 

f:id:goshumemo:20170208103559j:plain

四柱(四人の神さま)を奉っていることから「すべての願いが叶う」といわれています。特に縁結びのご利益があるのだとか!

 

 

f:id:goshumemo:20170208103710j:plain

 秋の紅葉も見事。管理人一押しの神社です。

  

ごしゅメモ

四柱神社(よはしらじんじゃ)

ご祭神:天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高皇産霊神タカミムスビ)、神皇産霊神カミムスビ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)

社格:村社、別表神社

ご由緒:

明治天皇御親政に当り、惟神の大道を中外に宣布し給う思召しを以て、明治7年2月 筑摩県庁の所在地である松本に神道中教院(宮村町長松院跡、後神道事務分局)が設立 され、院内に天之御中主神高皇産霊神神皇産霊神天照大神の四柱の大神が奉斎さ れてきましたが、新たに一社を興し、四柱神社として明治12年10月1日、現在地に 厳かに鎮斎され、隣接して神道事務分局も新築されました。その経費は、中南信全域 (旧筑摩県)の神職、県庁、その他諸官衙・一般篤志家の浄財と奔走によりました。  翌13年6月、当地方に初めて行幸があり新築新装になったばかりの神道事務分局を 行在所に定められ、同月24日松本に陛下をお迎えしたのでありました。

四柱神社公式HPより引用)

 

御朱印

f:id:goshumemo:20170207215117j:plain

神社の向かって左側にある社務所にて書いていただけます。 

 

 アクセスなど

長野県松本市大手3-3-20

0263-32-1936

 

 

 信濃國十三(十四)社めぐり

信濃国十四社めぐりの一社です。まとめは下記事より。

 

goshumemo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー