「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

愛知縣護国神社の御朱印/愛知県名古屋市

f:id:goshumemo:20170203173848j:plain

 

名古屋に鎮座する愛知県の護国神社

f:id:goshumemo:20170203173943j:plain

愛知県出身の英霊を祀る愛知縣護国神社。管理人が参拝した日は結婚式があったので中には入ることができませんでしたが、中にはたくさんの慰霊碑が立っているようです。

 

ちなみに夏に行ったので、蚊が大量発生していて大変でした・・・。御朱印を待っている間に3,4カ所刺されて相当テンション下がったのも今では良い思い出!

 

愛知縣護国神社のごしゅメモ

ご祭神:護国の英霊

社格:内務大臣指定護国神社別表神社

ご由緒:

明治2年5月尾張藩徳川慶勝侯が、戊辰の役に戦死した藩士等二十五柱の神霊を、現在の名古屋市昭和区川名山にお祀りして「旌忠社」と号したのが始まりで、その後嘉永6年以降、先の大東亜戦争に至るまでの愛知県ゆかりの御英霊九万三千余柱を、護國の大神としてお祀り申し上げております。 神社名は、明治8年「招魂社」、同34年「官祭招魂社」、昭和14年「愛知縣護國神社」と改称、戦後一時「愛知神社」と称したが、同30年現社名に復称した。 鎮座地は、大正7年現在の名古屋市北区名城公園、昭和10年に現社地に御遷座。 同20年3月19日の空襲で御社殿は炎上したが、同33年11月本殿・拝殿等復興、同57年10月社務所竣工、平成10年3月神門・舞殿・廻廊が竣工し、戦災復興が完了した。

愛知縣護国神社公式ホームぺージより引用)

 

愛知縣護国神社の御朱印

f:id:goshumemo:20170207142648j:plain

社務所にて書いていただけます。

 

アクセスなど

〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3

052-201-8078

 

 

 

全国護国神社巡杯まとめ

全国の護国神社を少しずつ巡杯しています。随時更新中!

 

goshumemo.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー