「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

穂高神社の御朱印/長野県安曇野市

f:id:goshumemo:20170208111142j:plain

 

山の中で海の神を奉る 穂高神社

f:id:goshumemo:20170208111227j:plain

穂高神社は箇所箇所で「海」をイメージさせます。安曇野という地名の由来にもなった安曇族は、弥生時代に九州から渡ってきた「海の民」なのです。

 

奥宮は上高地、明神池のほとりに鎮座し、例大祭(10月8日)には明神池に二艘の船を浮かべます。奥宮の御朱印も上高地でいただくことができますよ。

 

ごしゅメモ

穂高神社(ほたかじんじゃ)

ご祭神:中殿:穂高見命(ほたかみのみこと)

    左殿:綿津見命(わたつみのみこと)

    右殿:瓊々杵命(ににぎのみこと)

    別宮:天照大御神(あまてらすおおみかみ)

    若宮:安曇連比羅夫命(あづみのむらじひらふのみこと)

      若宮相殿:信濃中将(しなのちゅうしょう)

ご神体:穂高岳

社格式内社別表神社

ご由緒:

穂高見命を御祭神に仰ぐ穂高神社は、信州の中心ともいうべき 安曇野市穂高にあります。そしてその奥宮は、北アルプス穂高岳のふもとの上高地に祀られており、嶺宮は、北アルプスの主峰奥穂高岳の頂上に祀られています。
穂高見命は海神族 (かいしんぞく)の祖神(おやがみ)であり、その後裔(こうえい)であります安曇族は、もと北九州に栄え主として海運を司り、早くから大陸方面とも交渉をもち、文化の高い氏族であったようです。醍醐天皇の延長五年(西暦九二七年)に選定された延喜式神名帳には名神大社に列せられて古くから信濃における大社として朝廷の尊崇篤く殖産興業の神と崇め、信濃の国の開発に大功を樹てたと伝えられています。

穂高神社公式HPより引用)

 

御朱印

穂高神社

f:id:goshumemo:20170207215159j:plain

 

道祖神

f:id:goshumemo:20170222111703j:plain

 

アクセスなど

長野県安曇野市穂高6079

0263-82-2003

公式ホームページ:穂高神社

 

 

信濃國十三(十四)社めぐり

 穂高神社信濃国十四社めぐりの一社です。まとめは下記事より。

 

goshumemo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー