「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

若一王子神社の御朱印/長野県大町市

f:id:goshumemo:20170208112415j:plain

 

県宝 三重塔とともに鎮座

f:id:goshumemo:20170208112512j:plain

若一王子神社は、北大町駅から少し歩いた静かな林の中に鎮座しています。

 

ごしゅメモ

若一王子神社(にゃくいちおうじじんじゃ)

ご祭神:伊弉冉尊(いざなみのみこと)、仁品王(にしなおう)、妹耶姫(いもやひめ)、若一王子(にゃくいちおうじ)

札所など:信濃國十三(十四)社、仁科三十三札所第一番

ご由緒:

本神社は垂仁天皇の御代に仁品王が社を建て伊弉冉尊を奉祀したのに始まり、後にこの地方の人等により此の地の創始の神として、仁品王とその后妹耶姫が崇敬のあまり合祀されました。降って仁科氏安曇郷(安曇野)を領して居住すると、崇敬すること大変深く嘉祥2年(849)に創建がなされたと伝えられております。 仁科家が累代社殿の修造を加えて来ましたが、仁科盛遠宿禰が遥々と熊野権現熊野那智大社)に詣で第五殿に祀る「若一王子」を勧請してより、若一王子の宮と称されました。代々領主の尊崇益々篤くその後度々造営修理が加えられた安曇野の古社であって、特に松本城主の崇敬篤く現在の本殿は戦国末期の弘治2年(1556)に仁科盛康によって造営され、更に江戸初期の承応3年(1654)社殿の大修造がなされ、その時附された自紋は今尚現存しています。 当初若一王子権現と称しましたが、維新の際現社号に改められ、昭和6年に県社に昇格、昭和51年には別表神社(旧官国幣社格)に加列され、神仏習合の姿をそのままに残した仁科の里の大社として歴史と伝統を今に伝えています。

若一王子神社公式HPより引用)

 

御朱印

f:id:goshumemo:20170207181315j:plain

 境内右手の授与所にていただくことができます。

 

アクセスなど

長野県大町市2097

 0261-22-1626

 

  

信濃國十三(十四)社めぐり

信濃国十四社めぐりの一社です。まとめは下記事より。

 

goshumemo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー