「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

靖国神社の御朱印/東京都千代田区

f:id:goshumemo:20170222175901j:plain

 

 

靖国神社

f:id:goshumemo:20170222180207j:plain

 

 

ごしゅメモ

靖国神社(やすくにじんじゃ)

ご祭神:護国の英霊

社格: 旧別格官幣社・勅祭社

ご由緒:

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。 靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。 靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争日露戦争満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

靖国神社より引用)

 

御朱印

f:id:goshumemo:20170222140333j:plain

 

アクセスなど

東京都千代田区九段北3丁目1−1

03-3261-8326

 

 

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー