「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

白山比咩神社の御朱印/石川県白山市

全国の御朱印 全国の神社 石川県の御朱印 全国一ノ宮

f:id:goshumemo:20170306120038j:plain

 

白山信仰の総本社 白山比咩神社

f:id:goshumemo:20170306140505j:plain

白山比咩神社は「しらやまさん」として古くから信仰を集める白山を御神山としています。白山比咩神社が鎮座している白山市 は「はくさん」と読みますが、白山比咩神社の読み方は「しらやまひめじんじゃ」になります。

 

 

f:id:goshumemo:20170306141847j:plain

境内には苔の生す大木が林立しています。ご祭神である白山比咩大神は菊理媛(ククリヒメ)と同一視されています。ククリヒメは日本書紀の一文にしか登場していないにもかかわらず、古来から絶大な人気と信仰を誇っていました。ちなみに管理人も大好きな神様です。

 

ククリヒメは夫婦であるイザナギ命とイザナミ命の仲介役として登場し、縁結びのご利益があると言われています。また白山系の神社は上のような神話から、伊邪那岐尊伊弉冉尊もご祭神としてお奉りしていることが少なくありません。

 

ごしゅメモ

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

ご祭神:白山比咩大神(菊理媛)、伊邪那岐尊伊弉冉尊

社格など:加賀国一宮、式内社、旧国幣中社別表神社

ご由緒:

石川、福井、岐阜の3県にわたり高くそびえる白山は、古くから霊山信仰の聖地として仰がれてきました。ふもとに暮らす人々や遥かに秀麗な山容を望む平野部の人々にとって、白山は聖域であり、生活に不可欠な“命の水”を供給してくれる神々の座でした。 やがて山への信仰は、登拝という形に変化し、山頂に至る登山道が開かれました。加賀(石川県)の登拝の拠点として御鎮座二千百年を越える当社は、霊峰白山を御神体とする全国白山神社総本宮です。

白山比咩神社 より引用)

 

御朱印

f:id:goshumemo:20170306114110j:plain

 

アクセスなど

石川県白山市三宮町ニ105-1

(076)272-0680

公式ホームページ:北陸鎮護の大社 白山本宮・加賀一ノ宮 白山比咩神社 

 

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー