「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

【開創一千三百年記念】那谷寺の御朱印/石川県小松市

全国のお寺 全国の御朱印 石川県の御朱印

f:id:goshumemo:20170308114610j:plain

 

白山信仰自然智の森 那谷寺

f:id:goshumemo:20170308114821j:plain

大自然の中で大自然と共に生きる。那谷寺は今年2017年で開創1300年を迎えました。国の名勝にも指定されている那谷寺の「奇岩遊山境」も見所のひとつ。

 

 

那谷寺の三重塔

f:id:goshumemo:20170308114935j:plain

国の重要文化財に指定されている三重塔。仏塔の文化財の中で最も小さいと言われるこの三重塔ですが、大変丁寧な造りになっています。中を覗くと大日如来を拝見することができます。

 

「胎内くぐり」の大悲閣

f:id:goshumemo:20170314120247j:plain

大きな岩窟をそのまま大悲閣にした本殿です。中の洞窟をぐるっと通り抜けることで、罪穢れを洗い流し生まれ変わることができます。個人的にはディズニーシーのアトラクションを思わせるような心躍る場所でした。

 

本殿の出口

f:id:goshumemo:20170314121022j:plain

やっぱりちょっとディズニーっぽい。モチーフにしたのかな?笑(冗談です)

 

奇岩のくぼみにはそれぞれ石仏が。

f:id:goshumemo:20170308115155j:plain

 「自然があるから人がある」という「自然智」の姿が具現化した姿です。

 

那谷寺開創一千三百年大祭

f:id:goshumemo:20170314094530j:plain

那谷寺では開創1300年を記念して「なた祭」を開催しています。なんと4/9〜10/31には秘仏である御本尊「十一面千手観世音菩薩像」がご開帳が行われます。その他さまざまなイベントが行われる予定なので、詳しくは公式ページをごらんください!

なた祭 平成29年那谷寺開創1300年

 

ごしゅメモ

那谷寺(なたでら)

ご本尊:千手観世音菩薩

山号:自生山

宗派:高野山真言宗

札所など:北陸三十三箇所12番、北陸白寿三十三観音11番

ご縁起:

この地は弥生時代より管玉の材料である碧玉(へきぎょく)の産地でした。財部(たからべ)一族が住んでいて、洞窟は祭祀場でもあったでしょう。1300年の歴史を遡れば、養老元年(717年)に泰澄が那谷寺を創建したと伝えられています。

1300年の歴史の中で、那谷寺は白山を拝し、神仏を共にお祀りしてきました。そのため九頭竜王の本地である十一面千手観世音菩薩、白山比咩神、そして魂が「ウマレキヨマル」儀式の場である自然の岩山洞窟をご本尊としています。  那谷寺を開創した泰澄が居た時代は、神と仏、両方を受け入れやすかった頃と言われています。当時、奈良の吉野山で渡来僧の神叡が「虚空蔵求聞持法」と「自然智行」を伝授していました。泰澄はそれを修し、実践して今に至っています。  自然智は小さな草庵や岩屋の中で、自然より得られる生まれながらの智恵を求める行です。那谷寺は深山で緑に包まれ、岩屋を有していたため、自然智の道場となりました。自然とは「自ずから然る」。神も仏も宇宙の法則に帰す、「自然こそ神仏」の教えを大切に守り続けています。

那谷寺について | 那谷寺より引用)

 

御朱印

大悲殿

f:id:goshumemo:20170306114144j:plain

那谷寺に限定御朱印はありません。しかし今年は通常御朱印に「開創一千三百年記念」「白山大権現」の朱印が加えられています。 

 

あて紙

f:id:goshumemo:20170306114152j:plain

 

アクセスなど

石川県小松市那谷町ユ122

0761-65-2111

駐車場:あり

拝観料:大人600円

詳細はこちら→拝観と交通のご案内 | 那谷寺

 

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー