「ごしゅメモ」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごしゅメモ

思わず訪れたくなる長野・全国の御朱印メモ

【後編】長野の春を感じたくて、移動距離1000kmかけた桜めぐりの全記録をご覧ください。【桜で見る信州】

f:id:goshumemo:20170426102138j:plain

ついに後編!遅咲きの桜をめぐる旅へ

4月下旬、平地の桜が葉に変わり始める中、山地では見頃を迎える桜たちが増えてきました。今回は上田市と高山村の桜をまわります。上田市御朱印のある社寺中心のラインナップでお届けするので、サイトの主旨にも沿っているはず!!(今更)

 

 

山家神社・真田神社は桜限定御朱印アリ!

f:id:goshumemo:20170425171634j:plain

上田市街地にある上田城眞田神社の満開から約10日、真田町の桜も満開を迎えました!山家神社・真田神社の桜は時間差で咲くようなので、1週間以上楽しむことができます。

f:id:goshumemo:20170425171731j:plain

山家神社・真田神社では「桜の咲いている時に参拝するといただける限定御朱印」があります。管理人の参拝時には宮司さんがいらっしゃらなかったので現物はお見せできませんが、桜の朱印が入っています。可愛い。欲しい。後日写真を持って行ったらいただけるのかしら?

関連記事はこちら! 

goshumemo.hatenablog.com

goshumemo.hatenablog.com

住所 上田市真田町長4473−2
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

長谷寺のしだれ桜・・・圧巻!

f:id:goshumemo:20170425171934j:plain

山家神社・真田神社をさらに山側へ登ると、同じく真田家ゆかりの長谷寺にたどり着きます。ここは真田幸隆公、真田昌幸公の菩提寺で、奥にお墓があります。

f:id:goshumemo:20170425172031j:plain

5本のしだれ桜が境内にしだれ、風にたなびく姿はまさに圧巻!

f:id:goshumemo:20170425172135j:plain

観光客も大勢参拝に訪れていました。

f:id:goshumemo:20170425172221j:plain

御朱印は以前にいただいていたので今回はノータッチ。詳しい情報は別記事に掲載しています。

goshumemo.hatenablog.com

住所 上田市真田町長4646
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

龍水寺・ワンダーランドのような桜参道

f:id:goshumemo:20170425172337j:plain

同じく真田町、瀧水寺の桜を見に来ました。初めての参拝でしたが、春に来られてよかった!と感じるほど見事な咲きっぷり!

f:id:goshumemo:20170425172512j:plain

門の前に咲くイトザクラは樹齢約300年。上田市の指定保存樹木に指定されています。「桜といえば華やかに可愛らしく咲くけれど、このイトザクラはおしとやかに慎ましく彩りを見せるんだよ」今まで見てきたどの桜とも違う咲き方をしているイトザクラを見上げながら、先程聞いた住職さんの言葉に頷きます。

f:id:goshumemo:20170425172552j:plain

イトザクラの慎ましさを際立たせるように咲き溢れる手前の桜並木。

f:id:goshumemo:20170425172642j:plain

参道はまるでワンダーランド!

f:id:goshumemo:20170425172722j:plain

ここってあんまり知られていないのかな?カメラマンが唸りを上げて喜びそうな景色が見られますよ〜!(管理人はカメラの知識がないのでこれが精一杯)

f:id:goshumemo:20170425172859j:plain

ここの桜も麻績の舞台桜と同じく花びらが幾重にも咲いています。

瀧水寺の御朱印。他にもいくつか種類があるようです。

f:id:goshumemo:20170425164950j:plain

縦の六連銭。これは分家の印だって須坂にある不動寺の住職さんが言っていたな〜。個別記事は近々書きます!

良泉寺のしだれ桜は散り時も壮麗

f:id:goshumemo:20170425173040j:plain

瀧水寺から車で5分ほど進んだ良泉寺。近い場所にあるのに、こちらのしだれ桜はほとんど散り際でした。

f:id:goshumemo:20170425173501j:plain

しかし散り際も壮麗。天まで届かんばかりの見事な枝です。

f:id:goshumemo:20170425173614j:plain

良泉寺は他にもたくさんの花や緑で溢れていました。見ているだけでるんるん♪春を感じます。

良泉寺でいただける御朱印

f:id:goshumemo:20170425165331j:plain

住所 上田市殿城1270
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

せっかくなので上田市武石の「余里の花桃」もチラ見

f:id:goshumemo:20170425173702j:plain

真田町から車で30分ほどで「武石」という地域にたどり着きます。ツイッターを見て初めて知りましたが、ここは花桃が有名な場所のようです。4/25の時点ではまだ3分咲きでしたが、GW後半は満開見頃を迎えています。

f:id:goshumemo:20170425173724j:plain

「良里の一里花桃」。花桃は桜よりさらに10日〜15日ほど後に咲くので、桜の季節を見逃した方におすすめです!

f:id:goshumemo:20170425173710j:plain

住所 上田市武石余里19
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬〜5月上旬
拝観料 なし

 

「信廣寺のしだれ桜」

f:id:goshumemo:20170425174024j:plain

そんな花桃の里からほど近くにある信廣寺のしだれ桜。こちらも少し葉交じりになっていましたが。

f:id:goshumemo:20170425174117j:plain

高さは15メートルで、武石地域で一番大きいしだれ桜だそうです。

f:id:goshumemo:20170425174217j:plain

ちなみに御朱印はおこなっていないそうです。

住所 上田市下武石582
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

迷子になった妙見寺

f:id:goshumemo:20170425174326j:plain

妙見寺が迷子になったわけではありません。管理人が妙見寺を見つけられずにウロウロしていたという意味です。入り口がよく分からなかったんです。こちらは中部四十九薬師の霊場

f:id:goshumemo:20170425174404j:plain

大きな桜は散り際でしたが、奥の桜は満開!

f:id:goshumemo:20170425174538j:plain

妙見寺さんでいただける御朱印。中部四十九薬師の他に大日如来もありますが、住職さん不在のため今回は書き置きで置いてあった薬師さんのみいただきました。

f:id:goshumemo:20170425164738j:plain

住所 上田市下武石654−2
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

「岩谷堂の義仲桜」

f:id:goshumemo:20170425174706j:plain

妙見寺から15分ほど上田市街に戻り、木曽義仲ゆかりの義仲桜を見に行きます。宝蔵寺・岩谷堂の周りも桜に包まれていますね。その中でも義仲桜の樹齢はなんと800年!

f:id:goshumemo:20170425174948j:plain

ですが、綺麗に葉桜。見てみたかったな〜〜。

f:id:goshumemo:20170425175034j:plain

宝蔵寺でいただける御朱印は「中部四十九薬師」と「信濃三十三観音」の2種類。ほとんど同じですが、管理人は2つともまわっているので2種類いただきます。

f:id:goshumemo:20170425164603j:plain

f:id:goshumemo:20170425164612j:plain

住所 上田市御嶽堂84
駐車場 あり
撮影日 4/25
見頃(2017年) 4月中旬
拝観料 なし

 

「しだれ桜の里」高山村も見頃を迎える

須坂市からさらに群馬県沿いへ進むと見えてくる高山村。管理人は須坂市から高山村へ入り、小布施に抜けるルートをとりました。公式サイトの案内マップを参考にしましたが、近くまでいくと丁寧に看板で道案内がされているので簡単にたどり着くことができます!ただし大型車が入れなかったりすれ違いにくかったりするので、十分に注意していきましょう。

位置関係はこんな感じ。南から順番に進みます!

水中(みずなか)のしだれ桜

f:id:goshumemo:20170428091917j:plain

須坂市に近い方からまわります。はじめは「水中のしだれ桜」。「水中というからには水の中に桜が?!」なんて考えていましたが、どうやら高山村の桜はすべてその地名から名付けられているようです。

f:id:goshumemo:20170428091923j:plain

水中のしだれ桜はまさに「八方美人」!どこから見てもバランスが取れて美しいのが特徴です。信州の山桜は山際に生えて太陽のある方に傾いていることが多いのですが、日当たりの良い「水中のしだれ桜」だからこそのバランス力ですね!手前に小さく見える白い花はプラムの木だそうです。

f:id:goshumemo:20170428092123j:plain

樹齢や大きさも村内屈指。天気が良ければ黒姫山や妙高山などを臨むことができます。

f:id:goshumemo:20170428092241j:plain

住所 上高井郡高山村高井水中
駐車場 あり
撮影日 4/27
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし


赤和(あかわ)観音のしだれ桜

f:id:goshumemo:20170428092324j:plain

 赤和観音の麓でせり出すように咲いているのは、赤和観音のしだれ桜です。

f:id:goshumemo:20170428092423j:plain

しだれ桜の隣には巨岩。岩から木が生えています。

f:id:goshumemo:20170428092510j:plain

登っていくと赤和観音がありますが、今回は桜メインなのでスルー。(かなりの山道だったので・・・)

f:id:goshumemo:20170428092945j:plain

住所 高山村高井2526
駐車場 あり
撮影日 4/27
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

黒部(くろべ)のエドヒガン桜

f:id:goshumemo:20170428093043j:plain

さらに進むと黒部のエドヒガン桜が見えてきます。

f:id:goshumemo:20170428093208j:plain

畑の真ん中で山郷を見下ろしながら咲く古木。なんでこんなところに植えたんだろうな?桜のあるところに歴史あり、黒部のエドヒガン桜に隠された物語に思いを馳せます。

f:id:goshumemo:20170428093320j:plain

善光寺大本願鷹司誓玉上人のご詠歌もありました。確かに爛漫という言葉がぴったりな花たちですね。

f:id:goshumemo:20170428093359j:plain

住所 上高井郡高山村高井黒部
駐車場 あり
撮影日 4/27
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

中塩(なかしお)のしだれ桜

f:id:goshumemo:20170428093854j:plain

さて、お次は中塩のしだれ桜。小林一茶の石碑がありました。「天からも降りたるやうな桜哉」。

f:id:goshumemo:20170428093932j:plain

「すごい歌人でもこれだけ見事な桜を見ると、割と普通のこというんだね」と友人。

f:id:goshumemo:20170428094011j:plain

確かに天から降り注ぐような桜たち。

f:id:goshumemo:20170428093855j:plain

枝の中に入ると、桜の雨宿りをしているみたいで不思議な景色が見られます。

f:id:goshumemo:20170428093856j:plain

お地蔵さんon手作り帽子&マフラー。心があったかくなる絵。

f:id:goshumemo:20170428093857j:plain

住所 上高井郡高山村中山4773
駐車場 あり
撮影日 4/27
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

坪井(つぼい)のしだれ桜

f:id:goshumemo:20170428094111j:plain

高山の五大桜、ラストは坪井のしだれ桜です。今は坪井という地域が合併して名前が変わっていますが、全国の桜番付にも載るほど格式ある古桜。

f:id:goshumemo:20170428094216j:plain

手前には菜の花畑!

f:id:goshumemo:20170428094352j:plain

きれ〜〜〜〜〜い。菜の花も「春」を感じますね!

f:id:goshumemo:20170428094424j:plain

樹齢は600年以上!

f:id:goshumemo:20170428094517j:plain

木の根元から新たな若木が生えています。老いても品と色気と華やかさを失わない。きっと若い頃から歴史にもまれ、数々の伝説を残してきたに違いありません。

f:id:goshumemo:20170428094604j:plain

まさに「女帝」。600年経ってもここまで荘厳な咲きっぷりを見せてくれるなんて、あっぱれとしか言いようがありません。(途中からなんの話をしているんだと思われた方、ごめんなさい!)

住所 上高井郡高山村中山4121
駐車場 あり
撮影日 4/27
見頃(2017年) 4月下旬
拝観料 なし

 

ここでGW到来!桜めぐり終了のお知らせ

f:id:goshumemo:20170507123423j:plain

高山村のあとは白馬や戸隠の方にも行きたかったのですが、ここでGW。帰省や結婚式(参列)などもありまして、桜めぐりを中断することになりました。そして帰ってくる頃には開花状況も「散り際」というありさま。やはり「信州の桜は1シーズンにしてならず」ですね・・・。今回距離感や桜前線の様子もつかめたので、来年はさらに計画的な桜めぐりを目指したいと思います!

桜の名所はもちろん、有名な一本桜も多い長野県。いつも同じところばかり見に行っているという方は、ちょっと足を伸ばして「桜めぐり」に挑戦してみてはいかがでしょう!以上、管理人の「本気の桜めぐり」でした!

 

前編と中編はこちら! 

goshumemo.hatenablog.com

goshumemo.hatenablog.com

 

よかったらこちらも読んでね! 

goshumemo.hatenablog.com

goshumemo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする

プライバシーポリシー